災害ボランティアセンター運営訓練を行いました!

2月22日(土)に「災害ボランティアセンター運営訓練」を行いました!

災害ボランティアセンターとは、災害時に設置される、被災地での災害ボランティア活動を円滑に進めるための拠点です。近年では、被害の大きな災害に見舞われたほとんどの被災地に立ち上げられ運営されています。

災害ボランティアセンターの運営は、一般的に、被災した地域の社会福祉協議会、日頃からボランティア活動に関わっている人たち、 行政が協働して担うことが多いです。被災地外からの災害ボランティアセンター運営経験者が関わる場合もあります。

 

今回は、南海トラフ地震を想定して運営訓練を行いました。

運営訓練後の振り返りの時間には、

「受付は混雑するので、受付をする前に案内係を設けたらよりスムーズに対応可能なのではないか」

「ボランティアに来た人の専門知識(大工等)を活かせるようなマッチング方法を取るといいのでは」

・・・などなど、積極的に反省点やご意見を挙げていただきました!

 

こうした訓練を行い、災害ボランティアセンターの運営方法について見直す機会を持つことで、万が一災害が起こった場合に、円滑なセンター運営および被災者への早期支援につながるのではないかと感じました。

ご協力いただいた、川南町ボランティア連絡協議会加盟団体の皆様、そして川南町役場の皆様に改めてお礼を申し上げます。ありがとうございました!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です