「支援」をするうえで非常に大切なことを学びました

先日、「介護事業所研修会」が開催されました。本研修は、児湯管内

の現場職員の資質向上を図ること等を目的としており、宮崎県福祉保健部

長寿介護課の事業です。

今回は、「高齢者のこころとからだ」というテーマで、

①嚥下障害②窒息の予防と対処法 について、宮崎保健福祉専門学校

の、富永先生より、ご講義いただきました。

嚥下障害について理解することができただけでなく、誤嚥を防ぐための

正しい食事の姿勢や、万が一、利用者が誤嚥した時の介助方法も学ぶことが

できました。

学ぶことにより、新しい知識を身につけることができるだけでなく、再認識する

ことも非常に多いということを実感した時間になりました。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

当日の資料の一部です。クリックしてご覧ください(*^^)v

「嚥下体操」の方法

食前の支援におけるチェックポイント