災害ボランティアセンター運営訓練研修会👷

災害が発生した場合、発災直後の応急支援活動から、復興支援活動までの様々な時期、場面において多くのボランティアの支援が必要不可欠です。その中で災害ボランティアセンターは災害ボランティア活動の支援拠点となり、復興への大きな役割を果たすことになります。
🏁2月17日農村改善センターで、研修会開催しました。
災害ボランティアセンターの設置から運営までの流れや活動内容を理解して頂く研修会ですが、今年度は、行政の防災対策をまちづくり課より話して頂き、登録が盛んになってきた地域の防災士の役割について、防災士ネットワークよりお話して頂きました。その上で、災害ボランティアセンターの役割や、位置づけを確認して貰う目的で 講義の形で進めました。

参加者:約 130名
参加団体:川南町ボランティア連絡協議会への加入団体
川南町町会議員、シルバー人材センター、若者連、ライオンズクラブ、郵便局局長、自治公民館長 等
様々な立場から参加頂き、災害時の活動や、ボランティアへの関心の強さを感じました。ありがとうございました。
後半は、【みんなに優しいごみ袋事業】として定着している青袋のシール貼りをボランティア活動として実施して頂きました。

短い時間で、多くの方に事業の説明を行い、安全にミッションを実施して頂くことは、実際の災害時の運営時にも通じる物があります。不備も反省も多々ありましたが、皆様のご協力、大変ありがとうございました。

日赤奉仕団の方々の、炊き出し訓練  猪汁とおにぎり 美味しく出来上がりました。前日からの準備も含めてありがとうございました。
IMG_1195
IMG_1215
IMG_1226
IMG_1217
IMG_1255
IMG_1248

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です