受賞

皆さん

「みんなに優しいごみ袋」をご存じですか?

川南町の可燃ゴミ袋(大)には中心に青いシールが貼ってあります。

 

IMG_6891 無題
 

 

 

 

 

 

 

これは、ある全盲の視覚障がい者からの一言で始まりました。

「私たちは生活をしていくうえで、ゴミを捨てるのがとても大変です。それは、私たちは、目がみえないことによって「可燃ゴミ袋」や「不燃ゴミ袋」の判別ができないからです。」

これを聞いた役場の職員さんが、「シールを貼れば判別できるのでは?」と考え、活動が始まりました。

当初は、業者に委託する方法も考えていましたが、ボランティア団体の方々から、「それぐらいの事は俺たちでもできる。ボランティアでシールを貼ろうや!!」という有り難い意見をいただき、ボランティアでシールを貼ることになりました。

年間3万6千袋の可燃ごみ袋に、ボランティア(小学生から高齢者まで)が一枚一枚丁寧に貼っています。

時には、ゴミ袋の納品の関係上、急遽、お呼びたてしてシールを貼ってもらう事もあります。

 

そういった時にも「二つ返事」で、シール貼りを引き受けてくれる多くの町民の方を

いつも尊敬しています。

 

そういった活動が認められました。

 

宮崎県ユニバーサルデザインアイディアコンクール(一般の部)で大賞をいただきました。

受賞のポイントは、

①視覚障がい者、高齢者、住民の「誰もが触ってわかるデザイン」

②作成活動を住民ボランティアがおこなっている事で、「心も温まるデザイン」

③こういった取り組み自体が福祉教育となる「福祉のまちづくりデザイン」

 

 

平成28年2月24日に、県知事より表彰を受けてきます。

 

また、こちらのブログで、詳細はご報告させていただきます。

 

※ユニバーサルデザイン(宮崎県庁HP引用)

年齢や性別、障がいの有無、国籍などの個人の特徴にかかわらず、できるだけ多くの方にとって住みやすい「まちづくり」や使いやすい「ものづくり」などを目指して行く考え方のことです。