「どんげね」の取材終了

FullSizeRender
 

 

 

 

 

 

 

以前のブログにも書きましたが、今年、
社会福祉協議会は「ふくし」を分かりやすく伝える冊子
「どんげね ~やさしさは人から人へ~ 」の発行に取り組んでいます。

今日は、特集「川南の貧困」についての最終取材を
伊倉地区の佐光農園さんでおこなわせていただきました。

佐光農園さんは、昨年、生活に困られた若者の支援で、
雇用協力していただいた事業所様です。
取材で、私は、佐光様にこんな質問を投げかけてみました。



「生活困窮の方を助けてあげたいと思ったのは何故ですか?」

佐光様

「自分もトマト農家をやる中で、全部枯らしてしまって路頭に迷いそうな時もあった。

そんな時に、周りや地域の人が「あきらめるなよ!」と助けてくれた。

「あきらめないでやる」ことの大切さを学んだ。

とにかく失敗してもあきらめなければ、

絶対に「やり直せる」と俺は思ってるからね。」

私は、取材をしながら、
地域には「やさしさ」があって、その「やさしさ」は、間違いなく、
「人から人へ」伝わっていくのだと感じました。

取材にご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

「どんげね ~やさしさは人から人へ~ 」は2月発行予定です。